Event Report 未来モデリング塾モビリアでは、体験教室・説明会等のさまざまなイベントを開催しています。このページでは、各イベントの様子をレポートしていきます。

スマホアプリ開発体験教室第1回「おみくじアプリを作ろう!」

2015年1月16日(金)〜1月18日(日)の3日間、各日1日3回(10時〜12時、13時〜15時、16時〜18時)の日程でMobilia(モビリア)のiPhoneアプリ開発体験教室を開催しました。

スマフォアプリ開発教室の様子・1

今回ご参加の皆様には「オリジナルのおみくじアプリを作成して発表する」という事を目標にiPhoneアプリの作成に取り組んでいただきました。
親子連れの方、大人の女性の方、男性の方、様々な皆様にご参加頂けました。
最終日は教室も満員御礼。クラス最後の発表会も大いに盛り上がりました。

スマフォアプリ開発教室の様子・2

最初に概要をご説明しながら講座スタート。「iPhoneアプリとはなんぞや」、「プログラミングとは?」から始まり、「iPhoneアプリを使った教育」というテーマでお子様たち向けクラスの想像力と創造力を伸ばす教育方針をお伝えしました。大人向けには「iPhoneアプリを使った稼ぎ方」をいうテーマで、ご自身のアイデアでオリジナルアプリをリリースするほかに、Mobiliaの卒業生の皆さんにサポートをご用意している「テレワークでの開発」や「アプリ開発塾開業」などをご紹介しました。

スマフォアプリ開発教室の様子・3

概要はほどほどにして早速、開発体験に突入。まずはMacBookAirの使い方。「MacBookにマウスを接続するのは野暮ったい!」今回はあえてマウスを用意せずMacトラックパッドの気持ちよい操作感を体験していただきました。折角のAirなので「将来カフェに持って行ってオシャレに開発しましょう」という講師寺沢の勝手な押し付けでしたが、皆さんトラックパッドにもすぐ慣れていらっしゃいました。

スマフォアプリ開発教室の様子・4

参加者の皆さんにMacBook上でiPhoneアプリを開発するツール「XCode」を立ち上げて頂きます。投影した資料をもとに一緒に進んでいくスタイルです。そして、初めてのiOSシミュレーター実行!「壁紙が表示されるだけのアプリ」が画面上のiPhoneで無事動きました!初めてのiPhoneアプリ完成です!ただ、表示されるだけではつまらないので追加でボタンを配置して結果を出すようにしたり、プログラムを少し改造して結果の画像を追加するなど、まずは「おみくじアプリ」が完成すると自然と拍手が起きました。

スマフォアプリ開発教室の様子・5
スマフォアプリ開発教室の様子・6

次はオリジナルアプリに改造します。Googleで自分のテーマに従った画像を検索してダウンロード、画像修正ツールを使ってサイズを変更したり文字を入れたり加工しました。
「お姫さまうらない」「お花うらない」「妖怪うらない」etc…おみくじにこだわらず色々なアプリが完成しました!

スマフォアプリ開発教室の様子・7

最後にプロジェクタで参加者の皆さんのアプリを発表して拍手〜!
大いに盛り上がって無事終了!!
ご参加の皆様ありがとうございました!!
無料体験会は今後も開催していきます!!
今回ご都合がつかなかった皆様も是非ご検討くださいませ。

ご参加の皆様にアンケートをお願いしました。
満足度を点数にして頂く欄を設けた所100点の方続出!!
平均点は95点、80点未満はいらっしゃいませんでした。大人の方もお子様も皆さんに楽しんでいただけたのではないかと思います。

<回答抜粋>

Q.今回体験教室で一番難しかった内容はなんですか?
  • Macの使い方(基本操作)(9歳男の子)
  • Macの操作(初めて使いました)(50代女性)
Q.今回体験教室で一番良かった内容はなんですか?
  • Macをさわれた事。アプリを作れるという実感をもてたこと。(40代女性)
  • オリジナルアプリの作成、画像の取込と加工。(50代男性)
  • プログラムのついか。オリジナルでつくれるところ。(8歳男の子)
  • 発表コーナー(50代男性)
スマフォアプリ開発教室の様子・8
ページ上部へ戻る